ウォークインクローゼット

厚木県で注文住宅を建築するなら、ウォークインクローゼットにこだわる

厚木で注文住宅を建てられる方の多くは、ある程度の年収がある方でしょう。日本で指折りの人口を誇り、国際都市でもある横浜を抱える厚木は、憧れの県でもあるからです。また、厚木県には著名な観光スポットも多くあります。歴史の街鎌倉は自然も豊かで、リタイア世代が移り住む事でも人気があります。

注文住宅の建築費予算も、他県に比べると大きなものになります。せっかく多額の建築費を掛けるのですから、注文住宅にはこだわりの内装を施す方も多いようです。中でもにんきなのがウォークインクローゼットでしょう。ウォークインクローゼットは、ただの衣裳部屋ではありません。ゆったりとしたスペースで、自分の持っている衣装や小物をわかりやすく収納出来て、オシャレを満喫できるところです。この誰もが贅沢に過ごしたいウォークインクローゼットの設計には十分注意と綿密な計算が必要でしょう。

注文住宅ならではの自由設計で、多くの場合は二階にウォークインクローゼットを設ける事になります。やはり、二階の方が湿気も上がってこないのが理由の一つでしょう。ただし、キッチンの上は避けましょう。火を使う場所の上は、ウォークインクローゼットに限らず、居住スペースを作らない方が無難です。キッチンからの火の手というリスクがあるからです。

注文住宅では、設計の段階で何度も打ち合わせを重ね、内装や建具を決めていきます。また、在来工法などでは、建築途中に実際に立ち会って細かな点を確認したり変更する事も比較的容易です。収納部分では、ちょっとした空間の差が使い勝手の悪さにつながる恐れもあります。出来れば、実際にどんなものをどれだけ収納する予定なのかを計算して設計しましょう。

実際に建てられている家の収納スペースを見せてもらうのも参考になります。やはり、図面だけでは感覚がハッキリと掴めないからです。たっぷりとしたスペースならば、作りつけのドレッサーを付けるのも良いでしょう。靴やバッグに帽子、あるいはアクセサリーなどをわかりやすく置ける棚の設置も大切なポイントです。

沢山の収納物を効率よく納め、すぐに引き出せるようにキャスター付きの収納具を備えることもお勧めします。収納したまま、どこに何があるのか判らなくなってしまうと、それでは単なる物置です。いらないものを置いておくだけのスペースは、デッドスペースとなりがちです。棚には、見出しをつけるなどの工夫も必要でしょう。”

  • 厚木における注文住宅のコストダウンについて 注文住宅は高く、とても手が出ないと考えている方も多いと思います。確かに、注文住宅というと、自分の考えを設計士に相談し、これをもとに設計士が一から住宅を設計していき家を建てるイメ …

    コストダウンについて