建築家について

厚木で注文住宅を建てる際の建築家について

厚木で注文住宅を建てる際には、建築家は厚木の気候風土を知っている、地元に根差した人に設計を依頼した方がよいとされています。

注文住宅を建てる場合、一般的にどのような住宅にしたいかを打ち合わせます。基本となる家のモデルをベースに、たとえば光をもっと多く取り入れるために窓を大きくしたいとか、土地の向きが南に向いていないために家の窓の位置をかえたいとか、あるいは収納が少ないため壁面収納を取り入れたい、階段の位置を変えたいなどといった要望が出ることが多いものですが、このような要望のイメージを元に、建築家が実際の設計図面を描いていくことになります。

このときに、施主は住宅の建築の技術に明るくない人が多いため、技術的に無理な要望を出すことがありますし、また厚木という地元の気候風土に対する対策、たとえば海に近い場合に潮風に対する対策などへの配慮をすることは難しく、この点を要望として出すことはあまりない場合も多いのです。

しかし、実際に注文住宅を設計する際にこれらの事項も設計の中に盛り込んでおかないと、実際に住み始めたときに大きな問題となり、家の快適性が損なわれるばかりか、施主と施工会社との間のトラブルにもなりかねません。その為、施主の要望だけではなく、設計をした人間の考えも盛り込むことが必要になります。

注文住宅は住む人がその快適性を追求するために、既成の住宅よりも高い費用を負担し、建築するものです。その為、施主の快適性に対する期待は非常に高いものがあります。その為、注文住宅を設計する建築家は、施主の要望を上手にくみ取り、設計に反映されるばかりでなく、施主が快適にその地域の中で生活していけるように、その地域の気候風土に適応した設計を盛り込み、快適な家に作り上げていく責任があるのです。

その為には、地元の気候風土とそれに対応する家の構造を十分認識し、たとえば風が強い壁の内側には冷やされるための影響を考慮して断熱材を厚く入れたり、壁の強度を増して風の圧力に対応するなどの工夫が必要になりますし、この必要性を施主に説明し設計に盛り込ませる力量も必要です。

住宅の購入は、住む人にとっては大きな買い物ですし、一生その家に住みたいと思う家を購入したいものです。注文住宅はその思いがさらに強いもので、まさに一生に一度の買い物となることも少なくありません。そのような注文住宅を設計する建築家の責任は非常に大きなものがあります。その為、注文住宅を建てる際には、地元の気候風土を知っている、地元に根差した人に設計を依頼した方がよいのです。”