交通事故で逮捕されたら

交通事故で逮捕されたら弁護士に依頼をしましょう


世の中の多くの人たちは犯罪とは無縁の生活をしてます。そのため警察に逮捕されるという事はまずないと考えている人がほとんどです。しかし交通事故に関しては誰でも起こしてしまう可能性があります。交通事故で相手に被害を与えてしまうと、自動車運転過失傷害などといった罪に問われる事になります。相手が怪我をした場合でも、それほど重い怪我でなければ身柄を拘束されずに済みます。しかし相手が重傷を負ってしまった場合や死亡してしまった場合などには、警察に逮捕されて身柄を拘束されるのが一般的です。つまり交通事故であっても通常の犯罪と同じような扱いになるわけです。そのため弁護士に弁護を依頼する事が必要になります。

身柄を拘束されると留置場に入れられます。留置場では施設の秩序を保つため自由が大幅に制限され。持ち込める私物も限られます。警察の取り調べから刑事裁判が始まるまで留置場で生活する事になります。身柄拘束を解かれ釈放された状態で取り調べを受ける事も可能ですが、それには交通事故に強い弁護士を付ける事が必要です。逮捕後48時間経過した時点で勾留延長が決まるとさらに10日間勾留され、その期間が経過するとさらに10日勾留されます。勾留されたまま刑事裁判が開始された場合は保釈申請を出してそれに通ると、自由の身になる事ができます。この保釈申請に関しても交通事故に強い弁護士が付いていれば有利になります。

保釈されず身柄を拘束されたまま刑事裁判を受けるのと、保釈されたまま受けるのとでは雲泥の差があります。身柄拘束をされた状態で刑事裁判を受ける際には拘置所から出廷する事になります。手錠をかけられ捕縄を巻かれた状態で護送車に乗せられ裁判所へ向かいます。法廷には身柄を拘束されたまま縄尻を刑務官に持たれて入る事になり、大勢の人の前に拘束された姿を見られる事になります。これに対して保釈されていれば、きちんとしたスーツ姿に革靴を履いて出廷する事が可能です。保釈されているか否かでこうした大きな差があるため、可能な限り交通事故に詳しい弁護士を付けて保釈を勝ち取る事が大切と言えます。
また裁判の結果実刑が確定した場合には交通刑務所に収監されます。通常の刑務所よりは規則等が緩めですが、厳しいことに変わりはありません。また女性の場合は交通事故であっても実刑なら通常の女子刑務所に収監されます。入所の際には屈辱的な身体検査も行われるため、執行猶予が付くかどうかという事がかなり重要になります。”