コストダウンについて

厚木における注文住宅のコストダウンについて

注文住宅は高く、とても手が出ないと考えている方も多いと思います。確かに、注文住宅というと、自分の考えを設計士に相談し、これをもとに設計士が一から住宅を設計していき家を建てるイメージがあるので、その設計料が高く、結果として割高になるケースが非常に多いため、高価なイメージがあります。

しかし、すべての注文住宅がそうではありません。注文住宅の良さを生かしつつ、そのコストダウンを図るためにいろいろな方策をとっている建築会社も少なくありません。

特に厚木のようなおしゃれな家が多い街では、皆おしゃれな家に住みたいという思いを持っていますが、このおしゃれな家を比較的安い価格手手に入れることが出来るように、その設計方法に工夫をしている建設会社も多いのです。

注文住宅といっても、住む人が拘りを持つところは実は限られています。たとえば、収納を増やしたい、天井を高くしたい、窓を大きくしたい、吹き抜けをつけたいなど、そういった要望の多いものについて、予めパターン化しモデルとして設計しておくことで、個々の家にかかる負担を減らすやり方もその一つです。

もし吹き抜けをつけたいといった場合に、予め浮きぬけのある間取りをその家に当てはめることで、その部分の設計費は安く上がり、家全体を位置から設計する場合に比較してコストダウンが出来ます。また、収納も壁面収納や天井裏収納など、用意しているものの中から住む人のイメージに一番合うものをセットアップしていくことで、この部分も既成の家に近いレベルまでコストダウンが図ることが出来るのです。

厚木のような外国人が多い街では、そこに住む外国人より、日本の住居は背の高い外国人には不向きで、天井の高い家を望む外国人が多いことから、天井の高い間取りの家も通常の家のオプション的な位置づけで用意されている場合も多いのです。これらの例は、既成の住宅が持つか価格のメリットと、注文住宅が持つ個性的な家のメリットを両立させた理想的な家ということが出来ます。

そのほかにも、厚木のような海風の影響が強い街では、雨戸を潮風に強いものにしたり、また潮風に強い建物の材質を利用したりといった部分もあらかじめ用意され、家を建てる場合の選択肢として選ぶことが出来ることも多く、必要な部分にだけ注文住宅のメリットを生かしつつ、コストダウンを行うといった考え方が主流になりつつあります。

注文住宅を建てる場合にはこのような点にも着目し、快適さとコストを両立した家を建てることで、快適な生活を送れるようになります。”